〈 暮らす… をたのしむ 〉
《 第177回『リ・ライフ』セミナー開催のご案内 》
暮らし方研究会


主  催 暮らし方研究会
協  力 金沢21世紀美術館、白川郷、飛騨・高山、
(株)エイチ・アイ・エス
開催日時 令和3年10月2日(土)午前8時30分〜3日(日)午後7時40分頃まで
参加費用 お1人様20,800円
(事務局費800円、ツアー料金15,000 円、食事会費約5,000円含む。
昼食×2回、路線バス賃、「21美」展覧会ゾーン閲覧料、
白川郷他合掌家屋入館料は各自負担です)
宿泊場所 石川県金沢市南町4-50 「東急ステイ金沢」
☎076-223-8109
集合場所 大阪市北区梅田3-4-5「毎日新聞ビル前」
JR大阪駅(桜橋口)から西へ徒歩7分、JR福島駅から東へ徒歩5分、
阪急梅田駅から南西へ徒歩15分です。
地下道ガーデンアベニューよりお越しの場合は出口「6-10」が最寄りです。
集合時間 午前8時15分(時間厳守で願います)
交通案内 ※初日:8時30分 バスで出発→吹田IC→13時30分頃
     「東急ステイ金沢」到着。
     14時30分 ホテルから路線バスで金沢21世紀美術館到着
     (閉館まで自由行動)。
     18時00分 食事会。
※翌日:9時00分 バスで出発→【世界遺産】五箇山・相倉及び菅沼集落
     (滞在時間約100分)→【世界遺産】白川郷・荻町集落
     (滞在時間、昼食時間含む約120分)
     19時40分頃 梅田着(解散)
開催内容 テーマ「アートも、世界遺産も、楽しむ小旅行です」
今回は、金沢で現代アートを、飛騨高山で世界遺産を堪能する一泊の小旅行です。
  まず、訪れるのは、著名な建築家ユニット(SANAA)の妹島和世、西沢立衛両氏設計の「金沢 21 世紀美術館」です。周囲には国立工芸館をはじめ金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立歴史博物館などの芸術関連施設があり、”兼六園周辺文化の森”を形成しています。世界の同時代の美術表現に市民とともに立ち会う美術館をコンセプトに、新たな「まちの広場」を目指しています。
  翌日は、世界遺産に登録されている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」を訪ねます。農村文化や暮らしを深く感じられる「日本の故郷」と言われています。「合掌造り」とは、木の梁を山形に組み合わせ建てられた日本独自の建築様式で、その形状は、積雪が多く雪質が重い自然条件に適合した構造です。ドイツの建築家ブルーノ・タウトは、ナチスの迫害から逃れるため日本に昭和8年から3年半滞在した際に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」について「これらの家屋は、その構造が合理的であり論理的であるという点においては、日本全国を通じてまったく独特の存在である。」と評しました。この評言は、後に日本政府が世界遺産に推薦する際に、合掌造り集落の顕著な価値の証明としてそのまま引用することになります。

※事前の学習は…金沢21世紀美術館
        【公式】白川郷観光協会
※ツアーの詳細は…トラベルコ(エイチ・アイ・エス)のツアー案内サイト
をご覧ください。

 ●お願い
1) 12歳以下の方を同伴される場合、事前に事務局までご連絡ください。
2) ご参加の方には、事務局より参加費用の振込先口座をお知らせします。
3) 当日、住宅の無料初期相談は行われません。ご相談がある方は事前に事務局まで
お申し込みください。日時・場所等、改めてご相談させていただきます。

●お申し込み・お問い合わせは…
 暮らし方研究会 〒530-0043  大阪市北区天満4丁目2番15号 吉岡ビル3F
フリーダイヤル:0120-11-6584 ・ FAX:06-6356-7225
eメールアドレス:ask@kurashikata.gr.jp
※ 第177回セミナーは8月31日(火)が締め切りです。定員は20名までです。